ユーザーの簡易指定を伴う顔領域の適応的セグメンテーション

船山竜士 竹澤創 紺矢峰弘 斗谷充宏

人物顔をバランスよく含むように画像の一部を切り出したりするようなアプリケーションを考えた場合、画像中の顔領域をロバストに分離できなければならない。

あらかじめHSV色空間などでの顔肌色の分布を解析して顔肌抽出のための関数を定義し、その結果を入力画像に適用する手法などが従来研究として行われてきたが、個人差、人種などによる顔肌色の違いや背景領域に同様色が存在するような場合、正しく分離できないという問題があった。

本論文では、ユーザーによって顔領域の一部が指定された場合、その領域内画素の色解 析を行って顔肌を抽出するための関数を適応的に定義することにより、ロバストに顔領域を分離する手法を提案する。

キーワード


Adaptive Face Segmentation by Color with Simple User Interface

Ryuji Funayama, Hajime Takezawa, Minehiro Konya, Mitsuhiro Hakaridani

For realizing such applications as extracting well-proportioned portrait from any input image, it is required that face region is segmented robustly.

There is an existing method that face skin extraction function pre-defined by analyzing color distribution of teachar face image in HSV color space is applied to input image to extract face region. However it is not robust to variations in individuals, races and backgrounds.

In this paper, we propose a novel method which segments face region by defining face skin extraction function adaptively by sampling user designated region anywhere in the face. This method segments face region robustly against variations in individuals, races and backgrounds. Keywords


Ryuji FUNAYAMA <ryuji@funayama.com>
inserted by FC2 system