適応的重み付けブロックマッチングによる動きベクトル検出方法

竹澤創 船山竜士 紺矢峰弘 斗谷充宏

画像処理においてブロックマッチングは重要な要素技術である。一般に ブロックサイズが小さい場合誤対応が多く、大きい場合精度が低下する。

これに対し複数のブロックのマッチング値を「マッチング類似度」によ り重み付き加算し全体のマッチング値を求め、少ない誤対応と高精度を 両立させる手法が提案されているが、この方式はテクスチャの性質が大 きく異なる動き領域が隣接している箇所において誤対応が発生する事が ある。

本稿では重みの計算時に「マッチング強度」を考慮し、上記問題を軽減 する手法を提案、実験によりその有効性を確認した。


Motion Estimation Method by Adaptive Adding Block Match

Hajime Takezawa, Ryuji Funayama, Minehiro Konya, Mitsuhiro Hakaridani

Block-matching is an important technology for image processing, such as 3D reconstruction. Small block causes increment of miss matching and large block causes decrement of matching accuracy.

To accomplish few miss matching and high accuracy, instead of direct block matching, we can estimate motion vectors by adaptive weighted adding of surrounding blocks' matching value. Adding coefficient is adapted to a similarity of high priority motion vectors. But in this method, large difference of block texture causes miss matching.

In this paper, to solve this problem, we propose a new method to adapt adding coefficient to strength of matching.


Ryuji FUNAYAMA <ryuji@funayama.com>
inserted by FC2 system