ユーザー指定初期輪郭からの距離情報に基づく動的輪郭モデル

松岡篤郎 高羽洋樹 船山竜士 紺矢峰弘 斗谷充宏

与えられた初期輪郭から安定に物体輪郭を抽出する一手法について述べる。 輪郭抽出の手法として動的輪郭モデル(Snakes)が挙げられるが、一般に 自然画像に対してこの方法を適用し物体輪郭を抽出する場合、輪郭近傍の ノイズ等の影響により、安定な輪郭抽出には困難が伴う。本手法では、 初期輪郭から各画素までの距離を利用した物体/背景の領域分割を行ない、 その結果得られた領域情報を、動的輪郭モデルのエネルギー項に用いる ことによって、より安定な物体輪郭抽出を行なう。

キーワード


Active Contour Models Based on Distance Information from an Initial Contour

Atsuro Matsuoka, Hiroki Takaha, Ryuji Funayama, Minehiro Konya, Mitsuhiro Hakaridani

In this paper, we propose a new method of extracting an object contour from images. Active contour models(Snakes) have been studied for this purpose. However,when we apply original snakes to photo images,it is difficult to extract a contour stably because of noises around a contour and so on. In our newly proposed method,an input image is segmented into object and background region by using distance information from an initial contour, and this region information is introduced to energy force.This method accomplish to extract an object contour stably.

Kerwords


Ryuji FUNAYAMA <ryuji@funayama.com>
inserted by FC2 system