Portrait Image Clipping with Rough Face Designation

Ryuji Funayama, Hajime Takezawa, Minehiro Konya and Mitsuhiro Hakaridani

This paper describes a method of portrait image clipping for mobile information tools with poor computational power and easy handling interactive devices like Zaurus. User's designation of rough position and size of a face enables robust and fast clipping. Adaptive face region segmentation and the subsequent process of detecting face parameters make determination of clipping area. We have experimentally proven that our method has a good computational performance and is robust to variations in backgrounds, lighting conditions, individuals and so on.


ユーザーの簡易指定を伴うポートレート画像切り抜き

船山竜士, 竹澤創, 紺矢峰弘, 斗谷充宏

本論文は、ザウルス等の携帯型情報機器のように、高い処理能力を持たないがペンのような簡易な入力装置を持つツールにおいて、ポートレート画像切り抜きを行う手法について述べている。ユーザーによって顔のおおよその位置と大きさが与えられることで、ロバストで高速な切り抜き処理を実現する。適応的顔領域分離により顔肌領域を抽出し、その内部のみを処理することで背景の影響を受けずに、切り抜き矩形を決定するための顔パラメータを求めることができる。実験により、本手法は高速かつ、背景・照明条件・個人差等に対してロバストであることが確認された。


Ryuji FUNAYAMA <ryuji@funayama.com>
inserted by FC2 system